diary

初日の出 

ここはダイアリーと称した不定期更新の雑文ページです。当ページはごく稀に健全な青少年の精神
的健康を損なうおそれのある内容が含まれていますので、服用の際には定められた用法、用量を厳
守してご使用いただきますようお願い致します。特に「アニメ」「ギャルゲー」といったキーワードに対し
アレルギー症状のある方は医師または薬剤師に相談の上ご利用することをお勧めします。 また、服
用後一般社会への復帰が非常に困難になる場合がありますが、仕様ですので予めご了承下さい。

 ※ちなみに現在視聴中の作品は こちら

19/01/16

 昨日は最低気温がマイナス7.1度まで下がりました。しかも観測されたのが午前6時55分で、ち
ょうど私が朝食の準備をしている頃だったり。台所に置いていたコップが凍って張り付いていた
り、手がかじかんで感覚がなくなってきたりしましたけど、そこまで冷え込んでいるとは思いません
でした。この冬は雪こそ少ないものの、寒さは例年以上のような?

 ニュースを見ていたら、最近秋田県が外国人旅行者に人気とのこと。ですがその理由が秋田犬ブームもさることながら、「田舎で昔ながらの風景がそのまま残っているから」という身も蓋もない
もので、ちょっと苦笑してしまいました。田舎の度合いで言えば岩手や青森も似たようなものだと
思うのですが、秋田のほうが田舎の印象が強いということなのでしょうか。東北地方のニュースで
よく秋田市駅前周辺の景色が映ったりしますけど、私が住んでいた23年前と比べても駅舎以外は
あまり変わっていないように見えたりして(当時はまだ秋田新幹線が開通していなかったので、実
家に帰省しようとすると最短でも3時間以上かかったものです)、駅周辺の景色がすっかり変わっ
た盛岡と比較すると確かに昔のままという感じはしたり?ただ過疎化が著しい秋田県にしてみれ
ば、人を呼び込むヒントがこの辺にあったりするのかもしれません。

 年末年始に洋画をまとめて見ていた時、映画によってアスペクト比がまちまちなのが気になった
のでちょっと調べてみたら、ずいぶんと多種多様であると今更のように知りました。アニメだと16:9
か4:3の作品ばかりなので、普段いかに実写映画を見ていないかということですな(笑)。昨今は
IMAXという規格の映画館も普及してきて、それに対応したテレビも今後発売されるという記事を
見たので、アスペクト比に関する話題をとりあげてみました。
 あと横長のアスペクト比の映画をテレビで見ていると、実際に映っている面積がいつもより小さ
いのでもっと大きなテレビならより迫力があるのだろうな~と思ってしまったりも。いかんいかん、
こうやって大型テレビへの誘惑が高まってしまうのですね(苦笑)。
 https://www.gizmodo.jp/2013/07/post_12640.html
 https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1164425.html

19/01/13

 朝の起き抜けや夜にそろそろ寝ようと思った頃ヒーターの灯油が切れると、なんとも悲しい気持
ちになります(苦笑)。

 6日に書いた年末年始に見た映画の感想のなかで、これまで繰り返し見てきた「F91」について
は触れなかったので、今回改めて感想というか思い出語りをしてみたいと思います。そう言えば
「F91」のことをしっかりと語るのはこれが初めて?
 「機動戦士ガンダム F91」はタイトル通り1991年に公開されました。私は「逆襲のシャア」で富野
ガンダムはケリがついたのに、また新たに始めるんかい!と内心ツッコミを入れながらも、しっか
り公開初日に見に行き(笑)、そして不満たらたらで帰ってきたものでした。
 理由としては、まず話が飛び飛びで非常に分かりにくかったこと。今ではDVDやブルーレイで劇
場公開版と完全版の2バージョンどちらも見ることが出来ますが(ただし作画修正して差し替えた
部分も多いので、本当の劇場公開版は当時レンタルビデオでリリースされたもののみ)、劇場公
開時にはもちろん不完全バージョンしかなく、当時はそれが未完成だとは告知されていなかった
ので、とにかく話がぶつ切りで繋がっていないという印象しかありませんでした。ビデオソフト化の
際に完全版を出すと発表されたのは、たしか劇場公開から数ヶ月後のことだったと思います。「逆
襲のシャア」を初めて見た時も話が非常に分かりにくいと感じたものですが、「F91」の分かりにくさ
はそれ以上で、「いくらなんでもこれはひどすぎる」と怒りすら覚えるほどでした。なので後に完全
版を見た時には「やっと話が繋がった」と妙に安堵したものです(笑)。
 もう一つの不満は劇場作品にしては作画が不安定すぎること。これもビデオソフト化の際にある
程度修正されましたが、それでも作画レベルが良くないことは今見ても感じると思います。これは
当時のアニメ制作状況が、昨今の作画崩壊アニメと同じくらいひどいものだったという事情があり
ました。時代はバブル全盛でアニメ制作も潤沢に予算が注ぎ込まれていそうなものですけど、実
際は作品数増加により慢性的なアニメーター不足に陥っていて、テレビアニメはおろか一定の作
画クオリティが担保されているはずの映画やOVAですら作画崩壊しているものが珍しくありません
でした。そのため「F91」に限らず未完成のまま劇場公開し、ビデオで完全版を出す映画が幾つも
ありました。完全版商法は最近始まったものではなかったということですね。
 それと「F91」に関しては劇場公開前からアニメージュで絵コンテの一部を掲載していて、コンテ
から想像できる動きと比べて実際の映像クオリティがかなり低いと感じられたのも、落胆した理由
の一つでした。富野コンテが要求する演技レベルに作画が追いついていない、そう強く感じたもの
です。富野監督自身も「F91」の出来映えについてはずいぶん不満があったようで、当時のムック
本では珍しく作画スタッフをかなり厳しく批判していたりします。LDのライナーノートには「今すぐこ
のLDを封印し、10年後に見て欲しい」とまで書いていて、「Vガンダム」同様肯定的なコメントの少
ない作品でもあったり。
 ともあれ、新生ガンダムとしてスタートしたものの結局シリーズとして続かなかったことが証明す
るように、劇場公開時の印象は個人的にもかなり悪いものでした。それでも後にビデオで完全版
を見てやっとストーリーを理解し、その後LDやブルーレイで繰り返し見ているうちに評価が少しず
つ上向いていって、今では割と好きな作品になっています。ただ映画としてのクオリティはもうちょ
っとなんとかならなかったものかと、残念に思える部分が多いのもまた確かです。
 昨年シーブック役の辻谷耕史氏が亡くなられたことで、もう続編もリメイクも難しいと感じるだけ
に、せめて未完で終わったストーリーがどういう結末を迎える予定だったのか、それだけでも知り
たいと最近改めて強く思えたり(「クロスボーンガンダム」で僅かに語られてはいますが)。富野監
督のなかで長年わだかまりとなっていた「Z」が劇場版で救済されたことで、残る未練は「F91」なの
ではないかという気もするのですが、監督の想いはいかに?

 そして「F91」で作画監督を務めた村瀬修功氏が「閃光のハサウェイ」で監督をすることが発表さ
れました。「F91」の時は手が回らず映画の序盤と終盤しか作画監督をできなくて心残りがあった
そうですが(中盤以降の作画監督は北原健雄氏が担当。ただし富野監督とケンカしてぶち切れた
ため、スタジオに入って作業をすることはなかったとか)、同じく富野ガンダムの監督をするという
のはある意味リベンジマッチと言えるでしょうか。
 https://natalie.mu/comic/news/315776

19/01/09

 予報通り今週は厳しい冷え込みが続いています。朝起きてエアコンのスイッチを入れてから部
屋が暖まるまでがなんと待ち遠しいことか(笑)。

 去年のシャープに続いてソニーが8Kテレビを発表。ただしサイズは98型と85型の2機種だそう
で、このくらい大きな画面でないとやはり8Kは威力を発揮しないのかと思ってしまいます。日本の
家庭でこれを設置できる人がどのくらいいるのか考えると、8Kテレビは性能を持てあますだけな
のではないかという疑問も?メーカーや放送局は東京オリンピックに向けてこれから普及させた
いようですし、いずれはもっと小型のテレビも発売されるのでしょうか。
 https://www.phileweb.com/news/d-av/201901/08/46194.html
 
 一方ソニーとパナソニックは有機ELテレビの新機種もリリース。既存の製品とサイズは同じで、
77型、65型、55型と、こちらも大型のみのラインナップのようです。昨今スマホの画面も有機ELの
ものが増えていますけど、テレビはなかなか小型のものが出てこない様子。現状有機ELテレビに
関してはパネルを全てLGから供給してもらっている状態なので、LGが小型パネルを開発しない限
りは40型や32型といった手頃サイズのテレビは発売されないのでしょうね。こちらも液晶テレビ並
に普及するにはまだ時間がかかる気がしたり。
 https://www.phileweb.com/news/d-av/201901/08/46190.html
 https://www.phileweb.com/news/d-av/201901/08/46205.html

19/01/06

 元日以降は寒さの緩んだ日が続いていましたが、小寒の今日から本格的な冬が戻ってきた感
じです。寒波も正月休みだった?

 富野監督の展覧会が開催されるそうな。絵描きではない富野監督の何を美術館で展示するの
か疑問だったりしますが、コンテやフィルムを公開するのでしょうか。それとも富野作品というくくり
でアニメーターが描いた原画等も展示するとか?詳細が気になるところです。
 http://www.sunrise-inc.co.jp/work/news.php?id=16295

 アニメの放送がお休みの年末年始、私はこれまで見てみたいと思いつつも後回しにしていた洋
画を一気に鑑賞。「ハドソン川の奇跡」「硫黄島からの手紙」「パシフィック・リム」「オデッセイ」・・・
あとは先日亡くなられた辻谷耕史氏を偲んで久しぶりに「F91」も見ました。
 SFが好きなので「パシフィック・リム」や「オデッセイ」はもちろん非常に楽しめました。一方で実
際の事故を題材に作られた「ハドソン川の奇跡」が内容的には地味ながらもじわりと感動できて、
こういう作品が面白いと感じるようになったのは年齢による嗜好の変化なのかしらん、と思ったり
も。「硫黄島からの手紙」もとても素晴らしかったですが、このような映画をアメリカ発ではなく日本
の映画界で作れないことに、なんとなく複雑な心境にならなくもなかったり?(苦笑)ともあれ鑑賞
した映画はどれも感動したので、充実した年末年始だったと言えるでしょうか。
 ただ洋画は日本のアニメや邦画と比べて長時間のものが多いので、どれも休憩を挟みながら
の鑑賞でした。普段飲んでいる薬の副作用で私は30分から1時間おきにトイレに行く身体になっ
てしまったので(利尿作用の強い薬を複数飲んでいるため)、2時間を超えるような映画を一気に
見るのはもう無理だったり。そのため近頃は映画館やコンサートへ行くのが難しく、ブルーレイや
ネット配信の普及により自宅にいながら自分のペースで(なおかつ高画質で)映画を鑑賞できる今
の環境は非常にありがたかったりします。ホームシアターの構築にはこういった利点もあることに
自分がこーいう身体になってみて初めて実感。妙なところで感心した洋画鑑賞でもありました。

19/01/01

 あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

 今朝はいつもより少し早く目が覚めたので、自宅の裏山まで行って初日の出を拝みました。天
気に恵まれ、雑木林越しではありましたが朝日を見ることができたので良かったです。ちなみに今
月の写真は今朝撮った初日の出(と言うより朝焼け?)です。
 あとは例年通り平泉の毛越寺へ初詣に行ってきました。去年も結構混んでいた記憶があります
が、今年は更に渋滞&混雑で、思った以上に時間がかかりました。年々参拝客が増えているよう
な?
 病気で食事制限のある身となった今は、おせちもお餅も食べられないので年末年始といっても
基本的に普段の生活と変わらなかったりします(あ、年越しそばは食べました)。なので初詣が唯
一と言ってよい正月らしい行事だったり。よって個人的にはお正月はもう終わりです(苦笑)。

 今年一年が皆様にとって良い年でありますように。

18/12/31

 今朝は私の地元でマイナス10度まで冷え込みました。暖房を最大出力にしてもなかなか部屋
が暖まらず、いかに寒いかを実感したり。

 今期のアニメ「色づく世界の明日から」が放送終了。P.A.WORKSによるオリジナルアニメです。
写真部が舞台だったり、トラウマにより主人公は色が分からずモノクロ写真を撮り始めるといった
展開は個人的に興味を惹かれましたが、展開がかなりゆったりしていて進展が遅く感じられたの
と、全体的に薄味風味の作りだったのがやや物足りない印象でした。あと魔法が日常的に存在す
るという設定が曖昧で、今ひとつ世界観がはっきりしなかったのも個人的には引っかかりました。
一方、背景美術も含めた作画は非常にレベルが高く、また写真を題材にしているだけあって構図
の良いカットが多かったのは見所だったと思います。
 http://iroduku.jp/

 そして大晦日なので、年末恒例(かもしれない)個人的アニメランキングです。

 1位 ゆるキャン△
 2位 宇宙よりも遠い場所
 3位 ウマ娘 プリティーダービー  

 今年はこんな感じになりました。「ゆるキャン△」と「宇宙よりも遠い場所」は個人的に甲乙つけ
がたかったのですが、繰り返し見た回数の多さで「ゆるキャン△」を1位にしました(久しぶりにブ
ルーレイを買いそろえた作品でしたし)。内容的には毎回キャンプして飯を食べているだけという
感じでしたけど(苦笑)、描写の丁寧さが素晴らしく、見ているとこちらもドライブに行きたくなる作
品でした。料理の作画がとても美味しそうだったり、夕景、夜景の美術が美しかったのも個人的に
は好印象でした。大ヒットを受けて早くもシリーズ2期と劇場版(!)の制作が決定しましたが、原
作ストックがほぼない現状でそれらが実現するのはいつになるのやら、という気がしなくもなかっ
たり?
 2位の「宇宙よりも遠い場所」は「ゆるキャン△」と対称的にドラマの完成度が見事で、なんでも
ニューヨークタイムズで世界中の番組の中から今年のベストテレビの一つに選ばれたそうな。日
本の女子高生的な会話や描写の多い作品なので、どこまで海外の人に通じたのか疑問に思わな
くもないですが、ストーリーの根幹部分は世界共通で感動できるものだったということなのでしょう
ね。女子高生が南極に挑むという無茶な設定をあそこまでしっかり描ききったのは本当に素晴ら
しかったと思います。
 3位の「ウマ娘 プリティーダービー」は、昨今珍しいスポ根路線を貫いた熱い展開が面白かっ
たので選出。実在する競走馬を萌えキャラ化するという設定を聞いた時は色物すぎると思ったも
のですけど、蓋を開けてみれば正統派の熱血ストーリーで素直に楽しむことができました。惜しむ
らくは、本来ソーシャルゲームの販促アニメなのに肝心のゲームがいまだリリースされていないこ
とでしょうか(苦笑)。
 個人的には視聴本数をだいぶ絞ったこともあり、以前のように最後まで見て「つまらなかった」と
落胆する作品は減りましたが、放送する作品数が多すぎて片っ端からエアチェックする程の気力
が失われたという理由も大きかったりします(笑)。ネット上で評判を眺めていると相変わらず供給
過多で放送事故レベルの作品が幾つも垂れ流されているようで、なかなかにアニメ界全体の底
上げには至らない様子。今年は中小のアニメ制作会社倒産のニュースを幾つも目にしましたし、
もしかするとこの先業界自体が淘汰されてゆくのかもしれませんが、「面白かった。楽しかった」と
思える作品が1本でも増えることを願ってやみません。
 世間の大きなニュースとしては今月から4K8K放送がスタート。もっともアニメに関しては今でさ
えフルハイビジョン以下の画質で制作している作品が殆どらしいので、当面は影響がなさそうな気
がします。将来的にはもちろん4K制作のアニメがテレビ放送されるのでしょうが(永野護氏の映
画「ゴティックメード」は4K制作ですが、本人の要望によりソフト販売はせずイベント上映のみとの
こと)、それが一般的になるにはかなりの時間を要するのではないかと思えたり。何にせよ今後の
動向を注視していきたいところです。
 
 ここのところ「平成最後」というワードをよく耳にしますが、ともかく今日は平成最後の大晦日。個
人的には病状も比較的落ち着いて、無事一年を過ごせただけで幸いだったと感じます。元号が変
わる来年は気持ちも新たにできればと思う次第です。

 それでは皆様、良いお年を。

18/12/26

 雪は降らないものの寒い日が続いていましたが、予報によると明日からの年末寒波で本格的な
冬景色になりそう?

 「サザエさん」が50周年を前に初期作をデジタル化して配信開始。このニュースを見て、そう言え
ば「サザエさん」の前番組は「カムイ外伝」で、元々は後番組に同じ白土三平氏の「ワタリ」を予定
していたものの原作者の了解が得られずボツとなり、急遽代案として企画されたのが「サザエさ
ん」だった、なんてトリビアを思い出してみたり。50年前は日曜の夕方に「カムイ外伝」を放送して
いたのですから、今考えるとすごい時代だったと感じます。
 https://www.phileweb.com/news/d-av/201812/25/46096.html

 今期のアニメ「となりの吸血鬼さん」が最終回を迎えました。原作は4コママンガ。人間の少女と
吸血鬼の少女との交流を描いたほのぼの日常系アニメで、男キャラがほぼ出てこない百合作品
です(笑)。主人公の外見や言動から劣化版「きんいろモザイク」と揶揄されたりもしましたが(苦
笑)、目新しい要素はとりたててないものの、まったり見ていられるのが心地よくて最後まで視聴し
ました。ギャグで丸めつつも女性同士の恋愛感情が割とはっきり描かれていて、昨今はこういう百
合路線もずいぶん浸透したな~という印象があったり。特に大きな事件が起きる訳でもなく終始
和み系でゆるーい世界観だったので、個人的には気楽に楽しめた作品でした。シリーズを通して
作画が安定していた(キャラが可愛かった)のも好印象です。
 http://kyuketsukisan-anime.com/

18/12/23

 今日は昼まで霧が晴れず、午後からは雨という冬らしからぬ一日でした。

 今期のアニメ「SSSS.GRIDMAN」が最終回を迎えました。特撮番組の「電光超人グリッドマン」を
ベースとしたアニメオリジナル作品で、特撮を意識した作画やアクションが素晴らしく、途中までは
私も非常に楽しんでいた作品・・・でした(苦笑)。ですがシリーズ半ばから特撮版との繋がりが描
写され始め、終盤で完全に特撮版の続編だったことが明かされて、そちらを見たことのない私は
話の展開についていけなくなってしまい、残念ながら消化不良な印象のまま見終えることに。ネッ
ト上の感想を眺めた感じだと、やはり特撮版を知っている人と知らない人でかなり温度差がある
ようで、恐らく特撮版を見ていれば最終回はもっと感動できたのではないかと思えたり。テレビア
ニメとしては不親切な作りに感じなくもありませんけど、深夜アニメとしてはこーいうマニアックな作
品もアリなのかなと、そんな気もします。アクションの作画に関しては本当に気合いが入っていて、
CGでもあそこまで特撮のスーツアクションを再現できるものなのだと感心しました。人を選ぶ作品
ではありましたが、見所は幾つもあったと思います。

 仙台市の人口が山形県の人口を追い抜いたそうな。以前から東北地方は仙台一極集中の傾
向がありましたが、近年は更に強まっているようです。岩手単独で見ても盛岡に人が集中してい
る印象がありますし、今後はますます都市部と郡部で格差が広がってゆく気がします。この先どん
どん地方の人口が減ってゆくと言われるなか、宮城以外の東北地方はどこまで過疎化が進んで
しまうのやら。
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000001-khks-soci

18/12/19

 午前中は晴れているのに、午後になると天気が崩れ出すパターンが今週は続いています。

 Netflixが「映画を見るときはテレビの倍速機能を切って」と呼びかけ。他にも様々な画質向上設
定をオフにしてほしいと、テレビメーカーの努力を真っ向から否定する内容になっています(笑)。
 私も動きがカクカクしてしまうのがどうしても気になるので普段はテレビの倍速機能をオンにして
いますが、効き目を強くするとヌルヌルと動きすぎて逆に不自然に思えてしまい、どのへんで折り
合いをつけるか設定にいつも迷ってしまいます。ただフィルムの原理からすると動きがカクつくほ
うが当たり前なので、確かに倍速機能は余計なお世話という主張も頷けるものがあったり。もっと
も液晶テレビの場合残像が出るという問題がついて回るので、倍速はオンにしたほうが作品鑑賞
の際にはストレスが少ないというジレンマも抱えている訳で、こういう厄介さを気にせず楽しむには
有機ELテレビの成熟を待つしかないのかな~とも思ったりします(プロジェクターを導入すれば解
決?)。
 https://www.phileweb.com/news/d-av/201812/18/46030.html
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00010005-engadgetj-sci

 書店に立ち寄ったら80年代のサンライズロボットアニメをまとめたムック本が平積みされていた
ので、パラパラと斜め読み。内容は各作品を簡潔に紹介したもので、ディープな掘り下げや新事
実といった記事はなさそうだったのでそのまま棚に戻しました。前日買ったMSVのムック本といい
最近は80年代のアニメをとりあげた本がちらほらと目につく気がします。ターゲットは間違いなく私
のような世代なんだろうな~と思ったり。
 ただロボットアニメ関連の書籍は色々と目にするものの、80年代にはガンダムよりも世間一般
の知名度はあったであろう「うる星やつら」に関するムック本が出てこないのは、やや意外な気が
します。原作コミックが今年40周年を迎えたのでアニメ版のほうも何かしら再注目されるのではな
いかと思ったのですけども、そういった動きはないようで。シリーズ前半や劇場版の1、2作目につ
いては押井監督があちこちでインタビューに答えているので、当時の裏事情なども窺い知ること
ができますが、やまざき監督が担当したシリーズ後半や劇場版3、4作目については殆ど触れら
れたことがないので、個人的には色々と裏話を聞いてみたいと今でも思っていたり。とりわけ問題
作として今なお批判の多い劇場版4作目「ラム・ザ・フォーエバー」がどうしてあんな内容になってし
まったのか、スタッフに真相を語って欲しいと願うのは私だけ?ちなみにこの映画、私はかなり好
きだったりします。およそこれまでの「うる星」とはかけ離れていて、シナリオは支離滅裂で消化不
良、作風はひたすら暗く、誉められるのは作画くらい(苦笑)とこっぴどく叩かれまくる「ラム・ザ~」
ですけど、私は初めて見たときに衝撃を受けて(良い意味で)、以来この映画をずっと気に入って
います(残念ながらこれまでの人生で、この映画を評価している人を私以外にはあと一人くらいし
か知らなかったりしますが)。そんな歪な作品だからこそ、舞台裏を是非とも知りたいと思ってしま
います。どこかの出版社でそういう本を出さないものですかねぇ。

18/12/16

 冷え込みの厳しい日が続いています。ですがこれで平年並みの気温とのことなので、今までが
いかに暖かかったかということなのでしょうね。

 「ゲームセンターあらし」が35年ぶりに読み切りで復活。それに合わせて、アニメ版であらしの声
を努めた間島里美さんナレーションによるCMが公開されました。間島さんは声優を引退してずい
ぶん久しい印象がありましたけど、よく引き受けたものです。
 https://www.oricon.co.jp/news/2125540/full/
 http://www.corocoro.tv/aniki/

 TPP締結により著作権の保護期間が70年に延長されるという話題を以前とりあげましたが、さっ
そく影響が出てきました。無料で読める電子書籍・青空文庫で三島由紀夫や志賀直哉、川端康
成、武者小路実篤といった近現代作家の作品公開が20年延期されることに。個人的にこれは割
とショックです。ただし今まで無料で公開していた作品は遡って規制されることはないとのことで、
そこはひと安心といったところでしょうか。
 https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1158484.html

 2年間使っていたスマホのスピーカーの音割れがひどくなり、音声が聞き取りにくくなってしまっ
たので急遽機種変更しました。これまでシャープの最廉価機種を使用していましたが、今度も同
様にシャープの最廉価機種です(超安物なので機種名は伏せます)。個人的には電話とメール、
あとはニュースサイトを見るくらいしかスマホを利用しないので、ハイスペックの機種を買っても持
てあますだけだと判断。何より最近のスマホは大型化が進んで、片手では持ちづらかったり胸ポ
ケットに入れるには大きくて重すぎだったりと不便に思えたので、今までとほぼ同じ大きさの機種
にしたという理由もあったり。あとシャープ製端末に搭載されているAIのエモパーが気に入ってい
たので、そのまま使い続けたいというのもありました。や、AIといってもあまり便利とは感じないの
ですが(笑)、時折しょーもないコメントやダジャレを喋るのが(うざい時もありますけど)なんとなく
和むもので。
 機種変したスマホはスペック的にはこれまで使っていた機種よりほんの少しだけ向上して、画面
もちょっとだけ大きく(5インチから5.5インチへ)なりましたが、それ以外はあまり変わらない印象で
す。とりあえずニュースサイトの記事が読みやすくなったので、老眼の進んだ今の私にはありがた
いかなと(苦笑)。
 それにしても、ガラケー時代は4年5年と同じ機種を使い続けたものですけど、高性能化が進ん
だ弊害で今のスマホはそこまで保たないものなのでしょうか(そう言えばタブレット端末も使用期間
が2年を越えると動作が怪しくなってくる印象があります)。もちろん性能の進歩がガラケーの頃と
は格段に違うという側面もありますし、OSのバージョンアップの問題もあるので、故障を抜きにし
ても長く使い続けるのは厳しいのかもしれませんけど。電話会社による2年縛り制度には色々と
不満がありますが、およそ2年で買い換えという平均的なサイクルとある意味合致していると言え
なくもない?

18/12/12

 今日はこの冬初めての本格的な積雪となりました。こういう日に大型スーパーの駐車場に行く
と、屋根にこんもりと雪を積もらせた車が端っこのほうにあったりして、恐らく前日から無断駐車し
ているのだろうと丸わかりで苦笑してしまったり(地元の某スーパーは近くに高速バスの停留所が
あるためか、この手の車が多かったりします)。

 今朝NHKニュースを見ていたら、平成30年間を振り返る特集でインターネットの歴史をとりあげ
ていました。世間一般にインターネットが普及するようになったのがWindows95が発売された1995
年。私が本格的にパソコンを使い始めてネットを利用するようになったのが98年からなので、かれ
これ20年になります。昔はネットを使えば使うぶんだけ電話料金がかかったので(スマホのパケッ
トと同じですね)、料金が定額になるテレホーダイ(通称テレホタイム)と呼ばれる時間帯を待って
からネットに繋ぐといった使い方をしていたものでした。
 今や当たり前のようにインターネットが存在し、若い世代は物心ついた時からネットに触れてい
ますが、私が子供の頃はパソコン通信なるものを一部の人が利用する程度で、個人的には未知
の世界でした。というか劇場版「パトレイバー」で初めてネットを活用している場面を見て「へぇ~こ
ういうものなんだ」と感心したくらいで(笑)、「攻殻機動隊」(原作コミック)を読んでネット犯罪とか
ネットの利便性・危険性を学習したといった有様でした。なのでネットに対する印象が恐らくは若い
世代とずいぶん違うんだろうな~と思ったりします。「90年代にネットに触れていた世代はネット上
に個人情報をさらすのを警戒するが、ここ10年くらいの間にネットに初めて触れた世代は実名を
さらすのに抵抗感がない」なんて話題を先日見かけましたが、まさにそういったジェネレーションギ
ャップが私の場合もっと大きいのだろうという気がしたり。いまだに何か調べ物をしようとするとネ
ットで検索するより紙の書籍で情報を得ようとしたり、自分がすっかり時代遅れの人間になってし
まったものだと痛感することもしばしばあったりします(苦笑)。
 冒頭に書いたNHKの番組で週刊アスキーの編集長が「今や人間の何十倍もの処理能力を持っ
たパソコン(スマホ)をみんなが持ち歩いている」と言っていましたが、やがては「攻殻機動隊」のよ
うに直接身体にネットを繋ぐ時代が来るのでしょうか(笑)。それは夢物語だとしても、パソコンや
スマホの進化速度からすると10年20年先には今では想像もつかないようなガジェットや通信手段
が誕生していそうです。

・おもひで(だいありーの過去ログです)

・2018年
     18年1月上旬  18年1月中旬   18年1月下旬       18年7月上旬  18年7月中旬   18年7月下旬  
     18年2月上旬  18年2月中旬   18年2月下旬       18年8月上旬  18年8月中旬   18年8月下旬  
     18年3月上旬  18年3月中旬   18年3月下旬       18年9月上旬  18年9月中旬   18年9月下旬 
    18年4月上旬  18年4月中旬   18年4月下旬       18年10月上旬  18年10月中旬  18年10月下旬 
     18年5月上旬  18年5月中旬   18年5月下旬      18年11月上旬  18年11月中旬  18年11月下旬
     18年6月上旬  18年6月中旬   18年6月下旬      18年12月上旬 

・2017年
     17年1月上旬  17年1月中旬   17年1月下旬       17年7月上旬  17年7月中旬   17年7月下旬 
     17年2月上旬  17年2月中旬   17年2月下旬       17年8月上旬  17年8月中旬   17年8月下旬
     17年3月上旬  17年3月中旬   17年3月下旬       17年9月上旬  17年9月中旬   17年9月下旬
     17年4月上旬  17年4月中旬   17年4月下旬       17年10月上旬                         17年10月下旬
     17年5月上旬  17年5月中旬   17年5月下旬       17年11月上旬   17年11月中旬  17年11月下旬      17年6月上旬  17年6月中旬   17年6月下旬       17年12月上旬   17年12月中旬  17年12月下旬

・2016年
     16年1月上旬  16年1月中旬   16年1月下旬      16年7月上旬   16年7月中旬   16年7月下旬 
     16年2月上旬  16年2月中旬   16年2月下旬      16年8月上旬   16年8月中旬   16年8月下旬 
     16年3月上旬  16年3月中旬   16年3月下旬      16年9月上旬   16年9月中旬   16年9月下旬  
     16年4月上旬  16年4月中旬   16年4月下旬      16年10月上旬    16年10月中旬  16年10月下旬
     16年5月上旬  16年5月中旬   16年5月下旬      16年11月上旬    16年11月中旬  16年11月下旬
     16年6月上旬  16年6月中旬   16年6月下旬      16年12月上旬    16年12月中旬  16年12月下旬

・2015年
     15年1月上旬  15年1月中旬   15年1月下旬      15年7月上旬    15年7月中旬  15年7月下旬  
     15年2月上旬  15年2月中旬   15年2月下旬      15年8月上旬    15年8月中旬  15年8月下旬 
     15年3月上旬  15年3月中旬   15年3月下旬      15年9月上旬    15年9月中旬  15年9月下旬  
     15年4月上旬  15年4月中旬   15年4月下旬      15年10月上旬    15年10月中旬  15年10月下旬
     15年5月上旬  15年5月中旬   15年5月下旬      15年11月上旬    15年11月中旬  15年11月下旬
     15年6月上旬  15年6月中旬   15年6月下旬      15年12月上旬    15年12月中旬  15年12月下旬

・2014年
     14年1月上旬  14年1月中旬   14年1月下旬      14年7月上旬    14年7月中旬   14年7月下旬
     14年2月上旬  14年2月中旬   14年2月下旬      14年8月上旬    14年8月中旬   14年8月下旬
     14年3月上旬  14年3月中旬   14年3月下旬      14年9月上旬    14年9月中旬   14年9月下旬
     14年4月上旬  14年4月中旬   14年4月下旬      14年10月上旬    14年10月中旬  14年10月下旬
     14年5月上旬  14年5月中旬   14年5月下旬      14年11月上旬    14年11月中旬  14年11月下旬
     14年6月上旬  14年6月中旬   14年6月下旬      14年12月上旬    14年12月中旬  14年12月下旬   
・2013年
     13年1月上旬  13年1月中旬   13年1月下旬      13年7月上旬    13年7月中旬   13年7月下旬
     13年2月上旬  13年2月中旬   13年2月下旬      13年8月上旬    13年8月中旬   13年8月下旬
     13年3月上旬  13年3月中旬   13年3月下旬      13年9月上旬    13年9月中旬   13年9月下旬
     13年4月上旬  13年4月中旬   13年4月下旬      13年10月上旬    13年10月中旬  13年10月下旬
     13年5月上旬  13年5月中旬   13年5月下旬      13年11月上旬    13年11月中旬  13年11月下旬
     13年6月上旬  13年6月中旬   13年6月下旬      13年12月上旬    13年12月中旬  13年12月下旬    
・2012年
     12年1月上旬  12年1月中旬   12年1月下旬      12年7月上旬    12年7月中旬   12年7月下旬
     12年2月上旬  12年2月中旬   12年2月下旬      12年8月上旬    12年8月中旬   12年8月下旬
     12年3月上旬  12年3月中旬   12年3月下旬      12年9月上旬    12年9月中旬   12年9月下旬
     12年4月上旬  12年4月中旬   12年4月下旬      12年10月上旬    12年10月中旬  12年10月下旬
     12年5月上旬  12年5月中旬   12年5月下旬      12年11月上旬    12年11月中旬  12年11月下旬
     12年6月上旬  12年6月中旬   12年6月下旬      12年12月上旬    12年12月中旬  12年12月下旬  
・2011年
     11年1月上旬  11年1月中旬   11年1月下旬      11年7月上旬    11年7月中旬   11年7月下旬
     11年2月上旬  11年2月中旬   11年2月下旬      11年8月上旬    11年8月中旬   11年8月下旬
     11年3月上旬                       11年3月下旬      11年9月上旬    11年9月中旬   11年9月下旬
     11年4月上旬  11年4月中旬   11年4月下旬     11年10月上旬    11年10月中旬  11年10月下旬
     11年5月上旬  11年5月中旬   11年5月下旬      11年11月上旬    11年11月中旬  11年11月下旬
     11年6月上旬  11年6月中旬   11年6月下旬     11年12月上旬    11年12月中旬  11年12月下旬  
・2010年
     10年1月上旬  10年1月中旬   10年1月下旬      10年7月上旬    10年7月中旬   10年7月下旬
     10年2月上旬  10年2月中旬   10年2月下旬      10年8月上旬    10年8月中旬   10年8月下旬
     10年3月上旬  10年3月中旬   10年3月下旬      10年9月上旬    10年9月中旬   10年9月下旬
     10年4月上旬  10年4月中旬   10年4月下旬      10年10月上旬    10年10月中旬  10年10月下旬
     10年5月上旬  10年5月中旬   10年5月下旬      10年11月上旬    10年11月中旬  10年11月下旬
     10年6月上旬  10年6月中旬   10年6月下旬      10年12月上旬    10年12月中旬  10年12月下旬

・2009年
     09年1月上旬  09年1月中旬   09年1月下旬     09年7月上旬    09年7月中旬   09年7月下旬
     09年2月上旬  09年2月中旬   09年2月下旬     09年8月上旬    09年8月中旬   09年8月下旬
     09年3月上旬  09年3月中旬   09年3月下旬      09年9月上旬    09年9月中旬  09年9月下旬
     09年4月上旬  09年4月中旬   09年4月下旬     09年10月上旬    09年10月中旬  09年10月下旬
     09年5月上旬  09年5月中旬   09年5月下旬      09年11月上旬    09年11月中旬  09年11月下旬
     09年6月上旬  09年6月中旬   09年6月下旬     09年12月上旬    09年12月中旬  09年12月下旬

・2008年
     08年1月上旬  08年1月中旬   08年1月下旬      08年7月上旬    08年7月中旬   08年7月下旬
     08年2月上旬  08年2月中旬   08年2月下旬     08年8月上旬    08年8月中旬   08年8月下旬
     08年3月上旬  08年3月中旬   08年3月下旬      08年9月上旬    08年9月中旬   08年9月下旬
     08年4月上旬  08年4月中旬   08年4月下旬     08年10月上旬    08年10月中旬  08年10月下旬
     08年5月上旬  08年5月中旬   08年5月下旬      08年11月上旬    08年11月中旬  08年11月下旬
     08年6月上旬  08年6月中旬   08年6月下旬     08年12月上旬    08年12月中旬  08年12月下旬

・2007年
     07年1月上旬  07年1月中旬   07年1月下旬      07年7月上旬    07年7月中旬   07年7月下旬
     07年2月上旬  07年2月中旬   07年2月下旬      07年8月上旬    07年8月中旬   07年8月下旬
     07年3月上旬  07年3月中旬   07年3月下旬      07年9月上旬    07年9月中旬   07年9月下旬
     07年4月上旬  07年4月中旬   07年4月下旬      07年10月上旬    07年10月中旬  07年10月下旬
     07年5月上旬  07年5月中旬  07年5月下旬      07年11月上旬    07年11月中旬  07年11月下旬
     07年6月上旬  07年6月中旬   07年6月下旬     07年12月上旬    07年12月中旬  07年12月下旬

・2006年
     06年1月上旬  06年1月中旬  06年1月下旬       06年7月上旬    06年7月中旬   06年7月下旬
     06年2月上旬  06年2月中旬  06年2月下旬       06年8月上旬    06年8月中旬   06年8月下旬
     06年3月上旬  06年3月中旬  06年3月下旬       06年9月上旬    06年9月中旬   06年9月下旬
     06年4月上旬  06年4月中旬  06年4月下旬       06年10月上旬    06年10月中旬  06年10月下旬
     06年5月上旬  06年5月中旬  06年5月下旬       06年11月上旬    06年11月中旬  06年11月下旬
     06年6月上旬  06年6月中旬  06年6月下旬       06年12月上旬    06年12月中旬  06年12月下旬

・2005年
     05年1月上旬  05年1月中旬  05年1月下旬       05年7月上旬    05年7月中旬    05年7月下旬
     05年2月上旬  05年2月中旬  05年2月下旬       05年8月上旬    05年8月中旬    05年8月下旬
     05年3月上旬  05年3月中旬  05年3月下旬       05年9月上旬    05年9月中旬    05年9月下旬
     05年4月上旬  05年4月中旬  05年4月下旬      05年10月上旬    05年10月中旬  05年10月下旬
     05年5月上旬  05年5月中旬  05年5月下旬       05年11月上旬    05年11月中旬  05年11月下旬
     05年6月上旬  05年6月中旬  05年6月下旬      05年12月上旬    05年12月中旬  05年12月下旬

・2004年
   04年1月上旬   04年1月中旬   04年1月下旬       04年7月上旬    04年7月中旬    04年7月下旬
   04年2月上旬   04年2月中旬   04年2月下旬       04年8月上旬    04年8月中旬    04年8月下旬
   04年3月上旬   04年3月中旬   04年3月下旬       04年9月上旬    04年9月中旬    04年9月下旬
  04年4月上旬   04年4月中旬   04年4月下旬       04年10月上旬    04年10月中旬  04年10月下旬
   04年5月上旬   04年5月中旬   04年5月下旬       04年11月上旬    04年11月中旬  04年11月下旬
   04年6月上旬   04年6月中旬   04年6月下旬       04年12月上旬    04年12月中旬  04年12月下旬

・2003年
   03年1月上旬   03年1月中旬    03年1月下旬      03年7月上旬    03年7月中旬    03年7月下旬
   03年2月上旬   03年2月中旬    03年2月下旬      03年8月上旬    03年8月中旬    03年8月下旬
   03年3月上旬   03年3月中旬    03年3月下旬      03年9月上旬    03年9月中旬    03年9月下旬
   03年4月上旬   03年4月中旬    03年4月下旬      03年10月上旬   03年10月中旬   03年10月下旬
   03年5月上旬   03年5月中旬    03年5月下旬      03年11月上旬   03年11月中旬   03年11月下旬
   03年6月上旬   03年6月中旬    03年6月下旬      03年12月上旬   03年12月中旬   03年12月下旬

・2002年
  02年1月上旬    02年1月中旬    02年1月下旬      02年7月上旬    02年7月中旬    02年7月下旬
  02年2月上旬    02年2月中旬    02年2月下旬      02年8月上旬    02年8月中旬    02年8月下旬
  02年3月上旬    02年3月中旬    02年3月下旬      02年9月上旬    02年9月中旬    02年9月下旬
  02年4月上旬    02年4月中旬    02年4月下旬      02年10月上旬   02年10月中旬  02年10月下旬
  02年5月上旬    02年5月中旬    02年5月下旬      02年11月上旬   02年11月中旬  02年11月下旬
  02年6月上旬    02年6月中旬    02年6月下旬      02年12月上旬   02年12月中旬  02年12月下旬

・2001年
  01年1月上旬    01年1月中旬    01年1月下旬      01年7月上旬    01年7月中旬    01年7月下旬
  01年2月上旬    01年2月中旬    01年2月下旬      01年8月上旬    01年8月中旬    01年8月下旬
  01年3月上旬    01年3月中旬    01年3月下旬      01年9月上旬    01年9月中旬    01年9月下旬
  01年4月上旬    01年4月中旬    01年4月下旬      01年10月上旬   01年10月中旬  01年10月下旬
  01年5月上旬    01年5月中旬    01年5月下旬      01年11月上旬   01年11月中旬  01年11月下旬
  01年6月上旬    01年6月中旬    01年6月下旬      01年12月上旬   01年12月中旬  01年12月下旬 

・2000年
                        00年3月中旬   00年3月下旬       00年7月上旬    00年7月中旬    00年7月下旬  
  00年4月上旬    00年4月中旬   00年4月下旬       00年8月上旬    00年8月中旬    00年8月下旬
  00年5月上旬    00年5月中旬   00年5月下旬       00年9月上旬    00年9月中旬    00年9月下旬
  00年6月上旬    00年6月中旬   00年6月下旬       00年10月上旬   00年10月中旬  00年10月下旬
                                                                      00年11月上旬   00年11月中旬  00年11月下旬
                                                                      00年12月上旬   00年12月中旬  00年12月下旬 


logo2